【動画編集のツボ】映像は斜め読みができない

150621_2

発信者の意図を加えず「無編集で《ありのまま》を見せる」と言うと、なんだか魅力的に聞こえる。だが、ときにはそれは、動画を見てくれる相手の時間を必要以上に奪うことなのだ、という申し訳なさ(罪の意識)を感じることも必要だ。

文章だったら、読み手は《斜め読み》で飛ばしながら要点を拾って行くこともできる。映像でも、再生機の機能によっては、音声付のチョイ早回しという見方も可能だったりするけれど、それでもたかが知れている。文字の斜め読みほどには、所要時間は短縮できない。やはり冗長な部分や、情報がトッ散らかっている部分は、きちんと整理整頓しよう。編集者の色付け、歪みを極力配した、いわば機械的お片づけ編集というものを、ぜひ練習しよう。

「編集は色がつくから排除」ではなく、「色のつかない編集の追求」を。100%恣意性を取り除くことは不可能だけど、《ありのままに限りなく近いコンパクト》の追求を。―――今日の毎日女性会議で、参加者たちの試作品を見ながら繰り返したアドバイスを約言すれば、そういうことだ。

どうやって?という各論は、また別稿で。
とりあえず、ネット生動画配信全盛で一部に生まれた画一的な≪編集=悪≫という勘違いは、今捨てよう。

書いた人 下村健一 22 Articles
TBS報道局アナ(スペースJ、等)を15年務めた後、フリーキャスター(筑紫哲也NEWS23、サタデーずばッと、等)10年。その後、内閣審議官(2年任期満了後は民間契約アドバイザー)として計約900日、民主・自民の3政権で政府の情報発信に従事。現在は慶應義塾大学、関西大学、白鴎大学で教鞭をとる他、小学教科書の執筆など、幅広い年代の子ども達の教育に携わる。世間の難しいコミュニケーションを橋渡しする《コミュニケーター》として働くことがモットー。