なぜ障害者番組は、感動しなきゃいかんのか――バリバラが提起する、24時間テレビのその先

161112_6

どうして障害者が主役のテレビ番組は、「さあ、泣いて下さい」という押し付けがましい演出が、見え見えなの? 障害者の人生って、感動的じゃないといけないの? いわゆる“健常者”と同様に、アホなことをしたら、「お前アホだな」って明るく笑えばいいんじゃないの? テレビ業界に就職する前から、私はずーっとそれが不思議でならなかった。

あの巨大番組の真裏から、関西大に舞台を移し

そんな思いを持っていた私が、この夏、我が意を得たり!と心中で叫んだ番組がある。今年8月の日テレ系『24時間テレビ』のほぼクライマックスの時間に、Eテレ(NHK教育)が《障害者番組に感動は必要か》という挑戦的なテーマのスタジオ生討論を真裏でぶつけ、話題を呼んだのだ。異彩を放つレギュラー番組『バリバラ』で、「感動ポルノ」をキーワードに尖った議論を繰り広げてみせた。

で、そこから更に突っ込む延長戦が、いよいよ明日、公開討論イベントという形で敢行される。(11月13日 14:30-17:30/関西大学千里山キャンパス「地方の時代映像祭」ワークショップ④)

登壇するのは、「バリバラ」のレギュラー出演者である玉木幸則さん(脳性まひ)&岡本真希さん(先天性四肢欠損症)、同番組のプロデューサー、フリージャーナリスト等。で、司会が私。思い入れが強すぎて、うまく仕切れるか心配だ。あの日の放送を見そこねた人の為に、番組のエッセンスを振り返りながら、3時間に渡って本音炸裂トーク(←こういう表現はよく見るが、今回はホントに凄そう)をする。それこそ、“24時間”ぐらい欲しい話だが。

実は8月の両番組の最中&直後、私はツイッターで以下の様につぶやいていた。

「24時間テレビ」に拍手、「バリバラ」に大拍手!

明日、たぶん論点にのぼりそうなこと

…というわけで、“トークの続編”を日テレならぬ「地方の時代映像祭」が買って出ることになった。この流れを汲んで、明日のステージも《Eテレvs日テレ》といった浅薄な構図にはしない。

* どうしてTVドラマの中の障害者は主役級ばかりで、チョイ役や通行人の中にいないの?
* 相模原殺傷事件で突きつけられた、本当の問いは何なの?
* 出生前診断で障害児が生まれるかも、と言われたら、あなたはどうするの?
* こんな番組作ってる制作陣だけど、異動でこの番組担当になった当初はどうだったの?

―――等々、オープンなイベントでこんなに公然と論じられた前例あるか!?という程の展開になる《かも》しれない。台本が無いから、やってみないとわからんが。

入場無料、事前申込不要なので、興味のある方は是非ご来場を!

書いた人 下村健一 22 Articles
TBS報道局アナ(スペースJ、等)を15年務めた後、フリーキャスター(筑紫哲也NEWS23、サタデーずばッと、等)10年。その後、内閣審議官(2年任期満了後は民間契約アドバイザー)として計約900日、民主・自民の3政権で政府の情報発信に従事。現在は慶應義塾大学、関西大学、白鴎大学で教鞭をとる他、小学教科書の執筆など、幅広い年代の子ども達の教育に携わる。世間の難しいコミュニケーションを橋渡しする《コミュニケーター》として働くことがモットー。