イスラム教が怖い人へ…東日本大震災の、ある真実

ISが「イスラム国」と名乗って湯川さん・後藤さんを殺害したことで、ますます悪化するイスラムのイメージ。ちょうど4年を迎えた東日本大震災を、今敢えて、当時のイスラム教徒たちの活動という視点で振り返ろう。彼らが困難を越えてボランティア活動に取り組み続けた時、心の支えにしていた言葉は「ジハード」だった…

書いた人 下村健一 23 Articles
TBS報道局アナ(スペースJ、等)を15年務めた後、フリーキャスター(筑紫哲也NEWS23、サタデーずばッと、等)10年。その後、内閣審議官(2年任期満了後は民間契約アドバイザー)として計約900日、民主・自民の3政権で政府の情報発信に従事。現在は慶應義塾大学、関西大学、白鴎大学で教鞭をとる他、小学教科書の執筆など、幅広い年代の子ども達の教育に携わる。世間の難しいコミュニケーションを橋渡しする《コミュニケーター》として働くことがモットー。